好きなことを続けることが財産になる『photographer 飯村潤さん』

「夢を抱いたのは高校生のとき。大叔父に一眼レフカメラを貰ってからより一層写真撮影に夢中になり、当時好きだったモータースポーツの車を撮るフォトグラファーになれば、趣味を同時に楽しめると思ったんです」と語るのはフォトグラファーの飯村潤さん。
現在、フリーランスとして活躍する飯村さんに夢を叶える過程、仕事の魅力などをお聞きしました。

もともと写真に興味があり、高校生時代にフォトグラファーになろうと決意したため卒業後は写真の専門学校に入学。
本格的に写真撮影の勉強に励む日々を送ったそう。
「在学中に授業でファッションや人物などの商業写真を撮影しているうちに、
枠に囚われず様々なものを撮影する面白さに気づきました」

プロになろうと思ったきっかけは“モータースポーツの車を撮りたい”という思いからだったものの、沢山の写真を撮るうちに描く将来像が変わっていきました。そして現在は企業のホームページ、雑誌、ヘアカタログなど、幅広いジャンルの撮影をしています。

 「カメラを持って撮影に行くのはどんなシチュエーションでも楽しいですし、撮影した写真をクライアントや担当者の方に見せたときに『こういった写真が欲しかった』や『思っていたよりもずっといい写真』といったお言葉をいただくと、もの凄く嬉しいですね。そういう時にやりがいを感じます」

こういった依頼者からの喜びの声が仕事を続けていく上でのモチベーションとなっているのが伝わりました。

“写真撮影が好き”という気持ちは夢を叶えてからも変わらないという飯村さん。ですが、時には大変だと感じることも。

 「フリーランスとして活動しているので、撮影後の写真をチェックする作業も全て自ら行います。チェックには結構な時間がかかってしまうので撮影が休みの日もチェック作業をして、それだけで1日が終わる場合もあります」

 寄せられた依頼はスケジュールに空きがあれば受けるため、基本的に休みはあまりなく多忙な日々。
それでも、「好きなことが出来ているので、気持ちに折り合いはついています」と語る様子から、今がとても充実しているということが伺えます。
フォトグラファー以外の仕事をしたいと考えることはあるか尋ねると、あまり考えたことはないと言います。
「ルーティーンのように毎朝同じ時間に電車に乗って同じ会社に行くみたいなことは向いてないと思うんです。今の仕事以外だったらカメラ機材をレビューするYouTuberとかには興味があります。話すのは好きなので」
と、にこやかに語ってくれました。
繰り返しのない一瞬をカメラに収める現在の仕事は、毎日が新鮮で正に天職なのでしょう。

生き生きと仕事を続ける飯村さんに、これから将来を考える世代の人たちに向けてアドバイスをお願いしました。
「趣味や好きなことは変わらずやっておいたほうがいいです。プロになろうとか職業にしようとは考えなくても、それを続けることが財産になると思います。あとは、仕事をする上で人脈を広げるためにも、友人は多く作るほうがいいのかなと思います」

好きなことがフォトグラファーという夢に繋がり、写真撮影以外の趣味であるビリヤードを続けていたら、ビリヤード雑誌の仕事依頼が来たという自身の経験から、そのような言葉を送ってくださいました。

“財産になる”という言葉のとおり、趣味から自分が進む道を切り開いて夢を叶え、今もなお、やりがいを持って仕事をする飯村さんの姿は非常に魅力的です。時代を追うごとにどんどん進化していくカメラの性能。それと共にこれからも進化を続けていくであろうフォトグラファー飯村潤さんから目が離せません。

取材:吉田、石川、小林、島野