主催「江戸川みんなの防災プロジェクト」による<防災ふらっとカフェ#8 新型コロナウィルス対策とホームケア、防災について小児科医坂本昌彦先生と学ぼう>が開催!

防災ふらっとカフェ#8 新型コロナウィルス対策とホームケア、防災について小児科医坂本昌彦先生と学ぼう

【江戸川区在住・在勤者対象(ボランティア、通学含む)】 防災ふらっとカフェ#8


新型コロナウィルス対策とホームケア、防災について
小児科医坂本昌彦先生と学ぼう
ー日常にも役立つ情報も満載!ー

 2020年5月30日 14:00 - 16:00
@オンライン(Zoom会議)

応募はこちらから


新型コロナウイルスに関してたくさんの情報が溢れているけれど、どうやって正しい情報を見分けたらいい?
もし、今災害が起こったら?
避難生活でなかなか病院に行けない状態で子どもが発熱したら?

 
新型コロナウィルスが未だ収束しない今、みんなが持っている疑問について、小児科医のドクター、坂本先生と一緒に学ぶ企画をつくりました。坂本先生は、子どものホームケアについてわかりやすく役に立つ情報を伝えくれると評判の冊子&「教えて!ドクター」の総責任者です。

日常生活の子どものホームケアや防災を考える絶好の機会です。

お子さんのいらっしゃる方はもちろん、お子さんを支援している方、防災に関心がある方のご参加をお待ちしています。
イベント参加中はマイクやビデオ画面をオフにできますので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の方も是非ご参加ください。

 
※本事業は江戸川区で活動する「江戸川みんなの防災プロジェクト」実施しています。Zoomでお受けできる参加人数が限られているため、江戸川区在住・在勤の方(通学、ボランティア含む)、今まで「防災ふらっとカフェ」にご参加頂いた方、その他江戸川区にご関係のある方を対象で実施しております。

※手話通訳等の情報保障を致します。通訳者手配の関係でご希望の方は5/25までにお申込みフォームにてご希望する情報保障の種類をお知らせください。


========
講師紹介
========
小児科医 坂本昌彦先生 
佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。読売新聞ヨミドクター 角川書店 「マンガでわかる! 子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK」監修

========
主催
========

江戸川みんなの防災プロジェクト
「みんなで助ける、みんなが助かる」をコンセプトに、2018年から江戸川区で活動を続ける区民主体の防災ムーブメントです。
事務局は、子育て中の保護者、障害当事者、防災専門家等多様なメンバーで構成されています。

========
後援
========
江戸川区

========
助成
========
(公財)トヨタ財団

========
協力
========
江戸川ワーキングマザー交流会
(公社)東京都助産師会江戸川地区分会

========================
オンライン版への参加にあたってのお願い
========================

オンラインミーティングツール「Zoom」を使用して行います。事前に「Zoom」のインストールをお願いいたします
(使い方:https://hashikake.jp/articles/how-to-zoom-ep01)。

セミナー当日13:00までに、当日のオンライン講義のURLとパスワードをお送りいたします。

※当日の参加者側の環境での接続や音声の不備はフォローできかねますので、ご了承ください。