重要 【3月4日~3月19日予定】お昼用意できない子どもたちへおにぎり配布!!

緊急事態に対応して、お昼食べられない子どもたちにおにぎり配ります!

詳細はこちら

【月曜日〜金曜日、お昼の12:00〜1:00、まみやゆみ相談所で、子どもたちに、おにぎりを配ります!】

予定:とりあえず3/4〜3/19
住所:東京都江戸川区松江3-11-15
松江小学校、松江交番のすぐそば。
桜井動物病院の隣の隣です。

小中学校の休業に伴い、本日以下のようなご相談が来ました。

「間宮先生、大変お忙しいところ恐縮なのですがご相談です。
お昼ご飯を食べられない子どもたちがいます。
お昼の時間に子ども食堂をやってくれるところはありませんか?
自転車か徒歩で行ける場所が希望です。
お母さんが仕事忙しくてお昼ご飯の用意がされていない、家に食べるものがない。など、子どもたちからの声を聞きました。
家に食べるものがない。と言っていた子は、お父さんの仕事がコロナの影響で廃業寸前です。
給食、本当に大事な時間であり、大切な栄養補給でした。」

その声を受けて、緊急事態に対応するため、明日から、私の事務所で、お昼を渡すことを、行うことに決めました。
衛生面の配慮は、私も大きなホテルの調理場で勉強させていただきましたし、来てくださる方の中にも、日常で、60人くらいの子たちの合宿のご飯を作っていらっしゃる方もいます。

おにぎりは、よく洗い消毒した手に、食材用手袋をはめて握ります。
フキン類は使わず、ペーパーを使い、一回ごとに捨てます。
おにぎりを入れるはこは、アルコール消毒をして、その上にラップをかけます。

おにぎりには、ラップよりもアルミがいいと聞きますが、中身が見えるように、ラップでくるんでいます。

また、集まることで、感染リスクがあがる可能性があるとのことですので、おうちで作ってきてもらおうかとも思いましたが、それでは衛生環境も見えないので、見えるところで、少しの人数で、さっと作ることにしました。もちろん、換気を何度もしながら。

お手伝いいただける方、子どもたちに食べさせるものを寄付してくださる方、ご連絡ください。

そして、お昼用意できないお家の子どもたち、とりにおいで!