タグ:夢

小さい頃から抱いていた“髪が好き”の気持ち

「もともと小さい頃から、ファッションやヘアアレンジが好きだったので、自然とこっちの道に進むんだろうなと思っていました」

そうにこやかに話してくれるのは、表参道の美容室『trail by ROVER』でアシスタントとして働く齋藤梨奈さん。原宿という美容室の激戦区で働く彼女に、美容師のお仕事の大変な面ややりがいなどをお聞きしました。

優しい笑顔と温かい雰囲気の彼女。trail by ROVERの店内は、白を基調とし、横長の大きな鏡がお洒落で圧倒されそうになりますが、彼女の笑顔が安心させてくれます。

「美容師になるには、美容専門学校へ通うのが大前提です。私は、高校卒業後そのまま専門学校へ入学しました。そこで美容・髪型を中心に、メイクも学びました」

美容師の仕事は、カットやカラーリング、パーマ、縮毛矯正、そしてスタイリングなど多岐にわたります。そのため、技術を専門学校で学ぶそうです。
『trail by ROVER』は、よく雑誌撮影があり、モデルのスタイリングを行います。女性誌の撮影だとメイクもするため、学生時代の授業が大切になってきます。
現在は、スタイリストのアシスタントが主な仕事。美容師として独り立ちするために、今でも練習を重ねています。

「営業時間終了後にウィッグを使ってカットしたり、練習台になってくれるモデルさんを呼んでヘアカラーをしたり、同じ職場の仲間とシャンプーをしたりしています。まずは、たくさん練習することが重要です。苦手なことを重点的にやりつつ、得意なこともたくさん練習して、技術を高めていくという感じです」

『trail by ROVER』は、アシスタントの期間が3年間と決められています。彼女はオーナーから言われた「営業中に髪を切れるようになるまでは下積みが大切」という言葉を胸に日々の練習を頑張っています。

毎日練習に明け暮れる齋藤さんは、美容師として日常的に意識していることはあるのでしょうか。

「美容師としてのSNSアカウントを持っているのですが、自分自身のファッションや好きなスタイルというのは他の人にはない『私』を出せる部分だと思うので、そこをSNSに載せるようにしています。好きな雰囲気や色味、趣味もSNSで発信して、実際にそこから話題が膨らんだお客様もいます」

SNSの活用というのは現代ならではです。齋藤さんは同業者の投稿から、ヘアスタイルはもちろん、載せてある写真の配置なども自身の投稿の参考にしています。特にいいなと思ったものは実際にウィッグでヘアセットしてみることも。お洒落な齋藤さんなら、きっと別の美容室で働く誰かから見本にされているのかもしれません。

「美容師というのはお客様と近い距離で接する仕事なので、おもてなしや言葉使いに一番気を付けています。近い距離で接しているとそのお客様のことをたくさん知ることができて、それが一番のやりがいだし、学べることでもあります。『相手がどう思っているのか』ということがすごくわかるようになりました」

たしかに、美容師さんは細やかな気遣いが上手という印象があります。接客の基礎には、高校生のときに飲食店でアルバイトしていた経験が活かされているそうです。

 

「現在働き始めて3年目になるのですが、1年目の頃からお店に通ってくれている方が『仕事できるようになったね』『大人っぽくなったね』と私を褒めてくださって。お客様も私たちに寄り添ってくださるのがとても嬉しいです」

齋藤さんの顔がほころびます。美容師は離職率の高い職業ですが、彼女はやめたいと思ったことは“ない”と即答。

「生活リズムが学生の頃と変わるんです。これは美容師ならではだと思うのですが、ご飯を食べる時間がなかったり食べる量が限られていたり、練習で帰る時間が遅くなったり。ただこれは学生時代からわかっていたことではあるんです。想像以上に大変ではありますが、うちはいいお店ですし、美容師をやめたいと考えたことは本当にないです」

自分のやりたい仕事をやり続けられるというのはとても幸せなこと。美容師について楽しそうに語ってくれる彼女に、今後も美容師の道を進んでほしいと願ってやみません。

今は、スタイリストデビューに向け努力を続けている齋藤さん。デビューまでの準備も怠りません。その一つが美容師の大事な仕事道具であるハサミ選びです。

「実は女性の髪を切るときと男性の髪を切るときとで使うハサミも違ってくるので、今はどのハサミが使いやすいのか試行錯誤しながらいろいろと挑戦中です。スタイリストデビューに向けて、自分に合ったハサミを選べたらいいなって思います」

齋藤さんとの会話のうしろで、営業準備を進める音が聞こえます。美容師というのは魔法使いのようで、今日もきっとたくさんの人がここで変身していくことでしょう。彼女はさながら魔法使い見習いといったところでしょうか。4月、trail by ROVERでデビューする齋藤さんの姿を見るのが楽しみです。

取材:片山実紀、関根孝美、佐藤春那、山田梨瑚

日々の安全のために尽くす地域のヒーロー 亀有駅北口交番に勤務するお巡りさん

小学生のなりたい職業ランキングに毎年上位にランクインする警察官。
警察といえば、テレビドラマで見るような刑事さんや、白バイを乗りこなす交通機動隊、交番の前に立っているお巡りさんが浮かびます。
今回は私たちを一番近い距離で安全を守ってくれているお巡りさんにインタビューしました。
答えてくれたのは、大ヒットマンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台となった、亀有駅北口交番に勤務のふたりのお巡りさん。厳格なイメージが強い警察官ですが、とても気さくにお話ししてくれて、終始あたたかい雰囲気の取材現場でした。

はじめに、勤続20年のベテランのお巡りさんのお話です。

「自分の祖父の警察官姿の写真を見て憧れを抱き、警察官を目指すようになりました」

警察の仕事の中でも、刑事の仕事は何となく想像がつきますが、なかなか浮かばないのが交番に勤務のお巡りさんの仕事内容。よく自転車に乗っている姿を見かけたり、交番の前に立って道案内をしているイメージが強いです。

「主な仕事内容は、地域の安全を守るためのパトロールや取り締まり、地域のお店や各家庭を訪問して、詐欺や事件を未然に防ぐためにお話を聞いたり、110番通報があると出動します」

私たちが交番を訪れる理由で最も多いのが落し物です。「落し物で交番を利用される方が多く、一日で10件から15件くらい対応することもあります。落し物ひとつでも書類の作成や手続きがあるのでみなさんの想像より時間がかかります。忙しい日だと交番から出られないこともあります」

警察官になると、まず最初に配属されるのが交番で、その後は希望した部署に異動出来るといいます。なぜ交番勤務なのか、理由を伺いました。

「これまでに行きたい部署を経験したので、今後は子どもや家族との時間を作るためにも交番勤務を希望しました。交番の仕事は交代制で勤務時間が決まっているので、今までよりも家族と過ごす時間を確保できるようになりました」

 

次に、勤続2年のお巡りさんのお話です。

「警察官を目指したきっかけは、伯父さんが警察官でその姿に憧れたのと、この仕事は自分に合っていると思ったからです。また、少林寺拳法という武道を習っていたので、護身するという意味で仕事に活かせると思いました」

警察官になって初めて配属されたのがこの交番です。警察官のお仕事をしていて大変だと思ったことや、やりがいを感じたこととは。

「配属されたての頃は、わからないことがわからなかったです。仕事のやりがいを感じるのは立番(地域の安全を守ること)しているときや困っている人を助けたときにお礼を言われたときです。以前、自転車泥棒の被害にあった方がいて、その方に自転車が戻ってきたときに感謝されたことがありました。助けたときに『ありがとう』と言われると、警察官になってよかったなと思います」

現在交番勤務ですが、今後どんな部署に行きたいか、どんな仕事がしたいか、将来について聞きました。

「希望する部署は交通課です。最近多発している交通事故を未然に防ぐためにも、交通課でみなさんの安全を守りたいです」

最後に警察官を目指す子供たちへエールをいただきました。

「警察官になるための採用試験があるので、勉強することはもちろん大切ですが、警察の仕事は地域の方の存在や協力があって成り立つので、優しい心と人を思いやる気持ち、正義感があればきっとなれると思います。また、少林寺拳法が護身術に応用できるように、みなさんが今頑張っていることはのちに必ず活きてきます。何事にも一生懸命取り組む姿勢を忘れずに頑張ってください」

お巡りさんをはじめ、警察の方々は私たちが安心して暮らせる地域づくりをしています。警察官という町や人々に奉仕するお仕事、みなさんも目指してみませんか?

取材:松本裕希、斉藤真希、藤波茉由