タグ:ハギュットジャム

第1回ハギュットジャム2021を終えて(ハギュット理事 大場より)

井田さんに続き、ハギュットジャムの振り返り(備忘録)です。
すみません、長文になります。
---
1月11日(月)に無観客オンラインでの第1回ハギュットジャム2021を開催しました。
---
▼こちらから第1回ハギュットジャム2021をご覧いただけます▼
https://site.tsunagoon.com/hgjam2021
---

昨年、2月23日(日)コロナという感染症によって、ハギュットジャムは直前になって中止になりました。
この「ハギュットジャム」はフェスとは違い、歌やダンス「表現」ということに特化したイベントとし、出演者にも関わってもらうという挑戦したイベントとして準備してきました。
それが、延期を余儀なくされ、各関係者に泣きながら、電話で中止を伝えたことを覚えています。
---

そんなコロナという状況が始まり、心の隅には「再演」という言葉がいつもありながら、ただ「今できること」に集中する毎日でした。いつでも皆の前に登場することができるよう、
You Tubeにて、「子育てイライラ バグるん」を活躍させるなど、
スキル面をあげて、なんとか頑張ってきました。
自分自身も、心が折れそうなことは何度もあり、、、
いつ、コロナが終わるのか、、、不安に包まれている毎日でした。

ただ、コロナの収束の目処も立ちそうもなく、どうにかするしかない!と立ち上がり、無観客/オンライン配信にて再演を決定しました。
テーマである「夢をあきらめない。夢はきっと叶う」ということを大人が伝えていかないと、と思いました。

12月は、ひたすらに動画撮影、編集、そして、再演に向けて、
各セクションのスタッフとZoomにて、念入りに打ち合わせ。
そして、声優、アクターとも念入りに打ち合わせしたり、キッズダンサーとのダンスリハ。
コロナ対策も万全にするため、関係者用に動画を撮り、確認してもらいました。
--
そんなハギュットジャムまで残り2週間というところで、
新型コロナウイルス感染者数が1,300人を超えた年末。
2月の時の嫌な想いが、襲いかかりました。そして、
嫌な予感は的中し、年明けそうそう、緊急事態宣言の発令。

井田さんと、この1年は、色々なことで衝突したり、尊重し合ったりと、互いにスキル面を高めながら過ごすことのできた1年ではありましたが、この開催前ギリギリにしての、この状況に、頭を抱えました。

でも、「やらない」なんて選択肢は私達には全くなく、
どうしたら、一番安全にできるのか、を考えての対応だったと思います。
「オンライン配信」から「収録配信」に切り替える旨を関係者により早く伝え、不安感を取り除くこと。すぐに、収録配信の準備に取りかかりました。
年末からの2週間は、音響、配信担当の福田さんとも綿密に打ち合わせをしました。
本当に今回は、スタッフの方々と事前に打ち合わせをすることで、
スムーズに収録することができたと思っています。
--

ぎりぎりに変更になることが多かったけれど、
1番大切なことは、子どもたちの気持ちと、コロナ対策。
当初のオンライン配信では、何団体かが、接触するようなタイムスケジュールでしたが、5日前にして、各団体が接触しないようなタイムスケジュールを考え、各団体に通知しました。
控室、小ホールの使用時間を細かく伝えたことで、感染リスクを抑えることが出来ました。
控室はタワーホール船堀の展示ホール2を贅沢に使用したことにより、出演者のほとんどの方が、感染症の対策が徹底されているというお言葉もいただきました。
---
ショーの内容は、サイトからご覧いただければわかると思いますが、こども達の輝いた顔しか映っていません。
こども達の緊張した顔、達成感に満ち溢れた顔、色々な表情を見ることができました。

素敵なショーを創りあげることができたのは、
実は、見えないところで多くの人が関わり、支えてくれていたこと、その人たちがいたからこそだと思っています。
この場を借りてお礼申し上げたいと思います。


---
一番の問題は、資金面であり、延期での開催ということとオンライン化ということでものすごく厳しい状況化でした。
延期ということで、すでに消化してしまった分のが多く、新たに協賛いただけるというわけではありません。
*今回、再演ということで1社様、ご協賛していただけました。

もし宜しければ、応援という気持ちでご購入いただけると嬉しいです。


■2021年カレンダー
https://shop.hugyutto.com/items/38400200
■LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/author/41624/ja
---
今回ハギュットジャムを再演するにあたり、
こんなコロナ禍だからこそ、やってよかったと本当に思っています。
収録に行った小学校6年生からは、年賀状が届き、嬉しい言葉をいただきました。ほかにも、SDH&I.D.danceさんからは、ビデオメッセージをいただいたり、、、
他にも、また出演したい、これからも関わっていきたい、など、
本当に嬉しい言葉しかありません。

私がどうしても伝えたいことは、1つ。

「あなたは、どんなときも一人じゃない。でも、待っているだけじゃ、だめ。自分から友達を巻き込んで、一緒に創り上げていく。支えあっていく。そうすることで素晴らしく、そして、面白いことが待っている。」ということ。

関わってくれた方々の、人生の成功体験の1つとして、ハギュットジャムはこれからも、絶対に必要なものとして、広めて行きたいと思います。

本当に皆様、ありがとうございました。

お祝い 第1回ハギュットジャム2021を終えて(ハギュット代表 井田より)

-----------------------------------------------------------
<ここにハギュット代表 井田の想いと備忘録を含めて振り返りを記載します>
-----------------------------------------------------------

▼こちらから第1回ハギュットジャム2021をご覧いただけます▼
https://site.tsunagoon.com/hgjam2021

昨年2月23日(日)コロナという感染症によって、直前になって中止になりました。
もちろんイベントなので、企画・募集・準備などは、その8か月以上前からスタートしていました。
そう考えると1年半以上の期間、かかわってきたことになります。

正直、もう開催するのは無理だろう、あきらめた方がいいのでは?
っという想いもあったのは事実です。


ただ、コロナ禍だからこそ、こどもたちの健全育成を考えると、「こんな思い出ある」というのはかけがえないパワーになるかと思います。
また、「夢をあきらめない。夢はきっと叶う」ということを伝えていかないと、コロナ禍独特の「仕方ない。しょうがない。」というあきらめる体質になってしまう思ったのです。
正直、大人でもなってしまうのに、小さなころから、そればかりを経験していて、健全に育つとは思えません。


そこで、どんな形でも「こどもたちのために」開催しようということで、「生配信」でのオンライン開催となりました。


とはいえ、12月ごろから、新規コロナ感染者がどんどん増え、年末には1300人を超すという状況。
1月2日には、緊急事態宣言がでるかもという状況で、、、、ハギュットジャムをやるべきなのか迷いました。
正直、今年の年末年始は心を締め付けられるような期間でした。
ただ、やれない。あきらめる。ということよりも思考を働かせ、やるためにはどうしたいいのか?
そして、そもそも誰のためのイベントなのかに立ち返りました。


そこで、国や都から出ている条件と開催会場自体の防護対策などを精査し、少しでも安全にやるための方針をまとめました。
ともかく、正直、異常ではないかっていうぐらい、徹底的に対策を打とうってことが重点におきました。
詳しい対策についてはこちら

 

大きなポイントは、「生配信」から「収録配信」に変更した点です。
「生配信」は、ステージ出演の順番などでどうしても無理な転換や待機時間、食事を取らないとなど、問題がありました。
おかげさまで、「収録配信」にしたことで、限りなく他の団体との接点がなくなり、滞在時間が短く、食事をする必要がない状況まで実現することができました。

 


1月9日(土)の収録日当日、いよいよ本番がスタート。
出演者も収録だからと気軽にと思っていたかと思いますが、緊張感ある中で行われました。
カメラは5台、パソコン4台以上、音響や照明もしっかりとしたものを準備。
実は、理事の大場とは延期したのであれば、再演の際には、「今以上にパワーアップしたステージしたいよねっ」という話をしていました。正直、過去最高のステージを作れたと思っています。

そのためか、いい意味で緊張感があり、自分を発表するための「勇気」を振り絞る必要があるステージができあがりました。きっと心臓がばくばくもしたのではないでしょうか?ただ、それが大事なのではないかと思っています。

また、年のせいか、涙もろくなったようで「子供たちがステージがんばるシーンを観るだけ」でも涙ぐむことが多々ありました。正直、これがやりたかったと改めて感じました。


1月11日(月)に向けて、編集を行いました。


2日間しか猶予がない中ではありましたが、僕たちがどんな想いをもって開催しているのかが少しでも伝わる、そんな配信にしようと編集作業に向き合いました。
1月10日の13時ぐらいから作業を開始して、完成したのは11日の9時ごろ。。。
約12時間寝ずの作業を行いました。

途中で寝不足のためか、眠気に襲われましたが、こどもたちからのお礼の映像メッセージなどを見たことで、気合が入り、最後まで作成することができました。

公開後には、多くの方から「感動した」「想いを感じた」などメッセージをお寄せ頂きました。
また、ここでも涙ぐむ自分がいました。


今回のイベントサイトでは、ハギュット代表が代表を務める「株式会社ウェルフィールド」が、半年以上かけて開発した「オンラインイベントプラットフォーム TSUNAGOON(ツナグーン)」を使用しました。
ここでは、開発に参加してくれた仲間がおり、ここでもイベント開催を支えてくれました。
また、ここでは江戸川区の「新製品・新技術開発支援事業助成金 試作品開発型」で採択された助成金を活用しました。やはりコロナ禍ということで、誰かのためになるものを創りたいと思っており、ここでも形にできました。
やはり江戸川区からの助成金なので、江戸川区のためにつかえることが恩返しなのかなっと思います。

 

1月9日の収録時にはスタッフとして、会場設営やステージ周り、音響、受付案内、警備、司会・アクターなど様々なところで、支えていただきました。事前準備として、見えないところでは、声優さんもいます。


そして、関係各所の調整やステージシナリオ作成など尽力してくれた理事の「大場さん」に盛大な拍手を送りたいと思います。きっといなければ、こんな素敵なステージはできなかったと思います!!


資金面では、延期での開催ということとオンライン化ということでものすごく厳しい状況化でした。
延期というのは、意外と厳しく予算はすでに消化しているものもあります。
もし宜しければ、応援という気持ちでご購入いただけると嬉しいです。

■2021年カレンダー
https://shop.hugyutto.com/items/38400200
■LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/author/41624/ja

 

最後になりますが、子どもたちに「夢をあきらめない。夢はきっと叶うよ」というメッセージが少しでも伝わり、5年後・10年後がより良いものとなってもらえたらと思います。
こんなコロナ禍でも、ご出演いただいたみなさま、そして、スタッフみなさま。江戸川区役所の職員のみなさま。ご協賛頂いたみなさま。
本当にありがとうございました。

1月11日(月)12時~ 第1回ハギュットジャム2021 収録オンライン配信開催!

1月11日(月)に第1回ハギュットジャム2021が開催します!ただ、映像はすべて事前収録です!
収録のほうは無事に終わりました。思えば、昨年の2月23日に延期を余儀なくされ、誰もが悔し涙を流し、
夏ころには再演・・・と考えていたけど、
コロナで始まり、コロナで終わった2020年。

さらには2021年年明け、緊急事態宣言発令。もう、同じ想いはさせたくない、したくない。そんな気持ちでいっぱいでした。
今回、再演はもともと、新型コロナウイルス感染症対策は万全で無観客/オンライン配信としていました。
それでも、さらに厳重にコロナ対策を万全にしての収録への切り替え。

ファッションショーから始まり、各団体の発表、ハギュットマンソングでのパフォーマンス。
どれも素晴らしいステージで、感動しました。ジャムのテーマでもある「夢をあきらめない」に沿った形で、こども達が夢に向かう姿を目の当たりにでき感無量です。

■第1回ハギュットジャム2021収録オンライン配信■
開催日:1月11日(月)12時~イベント開催
(※後日、アーカイブ配信もご覧いただけます)

▼配信はこちらからご覧ください▼
https://site.tsunagoon.com/hgjam2021

また、出演後、各団体様よりお礼のお言葉を沢山いただきました。
なんと、SDH&I.D.danceさんからは、動画のプレゼントがありましたので、ご紹介させていただきます。
出演してくれたメンバーの皆から、一言ずつお礼の言葉があり、本当に感動しました。

 

今回、多くの人達がひとりひとり想いを抱えて、参加してくれました。
ハギュットジャムに出演してくださった方々、保護者の方々、スペシャルメッセージをくださった「梅原大吾」さん、
収録映像で参加した小学校の皆さん、イベントを支えてくれたスタッフの方々にお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。これからも、ハギュット協会をよろしくお願いいたします。

重要 【2021/01/07時点】最終版ハギュットジャム開催について

==================================================

9日(収録の様子)/11日はこちらからがご覧いただけます

==================================================

いよいよ9日(土)が近づいてきました。
少しでも安心して、ご来場いただけますように本日、会場に撮影しに行ってきました。
私たち、スタッフも全力で安全確保し、思い出に残るステージを体験してもらえるように準備しております。


つきましては、
当日、新型コロナ対策の感染予防にご協力お願いいたします。

 

・入室されるすべての方の検温表を忘れない(忘れた場合、例外なく出演および入室ができません
衣装は出演できる状態でご来場ください(少しでも滞在時間を短くしたいと思います)
出演時/控室入室時など会場内では、マスク/フェイスシールドなどを必ず着ける。
・会場内含めて飲食を行わない(飲み物はロビーのみ可)
・出演後は、会食を行わない(家族での食事以外はご遠慮ください)

 

どれも出演者や会場スタッフを「守る」ためのルールとなっております。
厳しいかも知れませんが、ご理解いただけますと助かります。

 

---

当日は、こちらの「展示ホール2」にて、スタッフが受付を行います。
検温表提出」と「当日の検温」をお願いします。

 

控室についてです。
感染症対策のため、非常に広い部屋を用意させて頂いております。
会場のスタッフの指示のとおり、ソーシャルディスタンスを意識して着席ください。

 

ホールでは、密にならないように通常時よりもステージを広げて設置しております。
当日は、照明スタッフや音響スタッフも入り、本格的なステージとなります。
会場へは、案内スタッフが1団体ずつご案内しまして、他の団体さまと接点がないようにします。
(ファッションショー出演される方は、全員一緒に会場へ移動します)

 

最後になりますが、目指すは、最高のステージも経験し、一人の新規感染者を出さないこと!
私たち会場スタッフだけでは実現できません出演者のみなさまのご協力が必須になります。
ぜひ、一緒に創り上げていきましょう!!

 

夢をあきらめない。
夢はきっと叶うよ。

 

当日(9日)の収録の様子は、生配信で行います。
11日12時ごろには収録したオンライン映像を配信します。

こちらからご覧ください

 

 

 

---

下記は、前回(5日)の内容を改めて記述させて頂きます。

---

イベント開催のガイドラインにのっとり、厳しい要件での開催を目指しておりました。
ただ、緊急事態宣言発令されるとの観点から、下記の通り実施いたします。


【開催方法】
感染者数が増加する可能性を踏まえたうえで
さらに安全を確保するために、「ライブ配信から収録配信に切り替え」ます。
■滞在時間を無くしたい
当日は収録だけにすることで、各団体の会場での滞在時間を最大1時間を目指します。
■各団体の接触を無くしたい
ライブ配信の進行都合を考える必要がなくなるため、他の団体とずらして待機・収録できます。


【開催基準】
❶政府・東京都からの方針を解釈した場合、イベント開催については厳格化を図ることで実施可能とする。
❷小中高の一斉休校が行われていない。
❸20時以降の外出自粛となっている。
❹会場となる「タワーホール船堀」が使用停止になっていない。
※今後、開催基準となる上記4点が揃わない場合には、開催延期いたします。


【変更点および守ってもらいたいこと】
■開催時間が異なります。
大きな変更はありませんが、各個人・団体集合時間/出演時間が変更になります。
■出演時のマスクなどの感染予防対策のお願い
イベント開催の厳格化の点からマスク・フェイスシールド・マウスシールドなどの徹底
*必ずどれかを着用してください。

■衣装着用で来場のお願い
会場での着替えをなるべく減らし、控室含めて滞在時間を減らすようにご協力ください。
■収録前後の会食の禁止
収録の前後に団体にてのお食事などは控えてください。


【配信予定】
・1月09日(土)収録:収録の様子を配信予定(無編集)
・1月11日(月)配信:昼頃

こちらからご覧ください

【お知らせ】ハギュットジャムの開催について

 1/4(月)午前に菅総理大臣が、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に特別措置法に基づく緊急事態宣言を発出することを検討する考えを表明しました。それに伴い、ハギュット協会でも1/9(土)開催の「第1回ハギュットジャム2021」の実施について協議中です。

詳しい情報は随時更新いたしますので、ハギュットジャムのサイトをご確認ください。

Zoomにて、連日<最終打ち合わせ>実施中!

ハギュットジャムまで、約2週間!!!
各セクションの最終打ち合わせをZoomにて実施してます!!

各セクションごとの責任も重いため、皆さん、とても真剣に意見を言い合って、より良いものを、そしてこども達のために
協力してくれています。その都度、多くの人に助けられて開催できるのだなと感謝の気持ちでいっぱいです。

誰もが一緒にやってよかったと思えるよう、こども達にも良い想い出になるよう、あと2週間!!
ハギュットジャムまで突っ走ります!!

オンライン配信テスト!!タワーホール船堀小ホールにて、イベント当日のように再現してきました!!

ハギュットジャム開催まで1か月を切り、主催者側も慌ただしい毎日を送っています。
今回、多くの方々が「こども達の笑顔」のために協力してくださっています。
イベント当日のシナリオに沿って、配信の流れ、音響チェック、カメラアングル、出だしのタイミング・・・・
色々と段取りが綿密に必要なことばかりで、、、、

会場の設営、機材の搬入搬出など、当日のスタッフの動きも関係してきます。
リアル(LIVE)での出演団体も、収録での出演団体もどちらも、気合が入っており、
一つになって、ハギュットジャムというショーを創り上げていく一員として、誇りを持って挑んでほしい、と思います。

このコロナ禍だからこそ、こども達には想い出を作り、自分達の練習の成果や発表、そして「自分らしさ」というものを表現する場所として
ハギュットジャムは存在するのだと思います。
フル回転で準備を進めていますので、是非とも「観る」という形で応援をよろしくお願いします。
またハギュットジャムの告知もご協力ください。

小学校の収録も始まりました!!良い経験として、心に刻んでほしい!

先週、今週、来週とハギュットジャムに収録で参加してくれる小学校へ訪問します!!
こども達は自分達の発表を世の中に発信!動画を撮影する際は、みんな緊張しているけど、
終わった後はホッとして、笑顔がこぼれていました。
授業の一環として参加してくれる学校も多く、自分達が興味を持って学んだことをアウトプットとして、新聞や動画で発信できることは、
よい経験になると思います。
今後もこういった授業を取り入れられたらと思っています。まずは、ハギュットジャムで配信です!!

また、出演者やスタッフとは念入りに打ち合わせを行っています。
真剣な表情、笑っている表情と様々ですが、当日に起こりうるリスクも頭に入れて、
自分の決められた任務を遂行する。こども達の発表がうまく行くように多くの方々が協力してくれています。
あと1カ月。全力で走り抜けます!!

情報解禁!!ハギュットジャム ステージ演目公開!!

いよいよ約1カ月後に迫っている「第1回ハギュットジャム2021」
気になる出演者、パフォーマンス内容が公開されました!!
なんとあのプロゲーマーからこども達へのメッセージを配信します!!

■ステージ詳細■
【スペシャルメッセージ】
日本のプロゲーマーである「梅原大吾」さんによる、こども達へのスペシャルメッセージをストーリーの中で配信。

【リアルタイム配信】
開幕から閉幕までを一つのストーリーとして創り上げたショーを披露。ストーリーの展開の中に、ハギュットキッズファッションショーや表現高等学院(MIICA)の学生によるパフォーマンスをはじめ、地域で活動するダンス団体の発表があります。また、最後に子育てヒーローハギュットマンと子育てイライラバグるんがキッズダンサーを率いて、イベントを盛り上げます。

【事前収録】
今年1年、発表の場が少なくなってしまったこども達。江戸川区の小学校3校から「ぼく・わたし達の取り組み発表」として、江戸川区産小松菜を使って考えた「小松菜商品」発表、新型コロナウイルス感染症予防対策として、多くの方を笑顔にしたいという想いで創られた「笑顔未来プロジェクト」の発表。また来年閉校する小学校の6年生が、6年間の感謝の想いを込めて合奏を披露。

▼「第1回ハギュットジャム2021~江戸川区を感じて表現する子育てステージ~」公式サイト▼
https://www.hugyutto.com/edogawa-1st-hugyuttojam2020-sp

■イベント概要■
名称:「再演決定!第1回ハギュットジャム2021~江戸川区を感じて表現する子育てステージ~」
開催日:2021年1月9日(土)12:00~15:00
場所:オンライン配信
料金:無料(どなたでもご視聴頂けます)
主催:一般社団法人ハギュット協会
後援:江戸川区

オンライン打ち合わせ、直接打ち合わせ、多くの方と情報共有!

昨日、今日、そして明日とZoom打ち合わせが、ほぼ毎日入っております。
ロケーションフリーなので、互いに移動時間などがない分、効率が良くてとても快適と感じています!!

昨日は、ハギュットジャムでのファッションショーにて審査員長を務めていただくOK和男先生との打ち合わせ。
先生には、ウォーキングの指導(リハーサル)や、審査、そしてハギュットマン体操と色々とお願いしており、
その段取りや、衣装、ショーのイメージなどを伝えました。

今日は、ハギュットフェスなどで出展している、スマイルヨガの荻原さんと当日スタッフとしての打ち合わせ。
今回、ハギュットフェスとは違い人員の選定が難しく、未だに悩みの種ではありますが、一人ひとりとお話し、情報を共有することで
当日を万全な体制で迎えたいと思います。

また、映像系のことでMIICAの学生とも打ち合わせ。
色々と同時に進行しているので管理が大変ですが、とても毎日楽しいです。
小学校の先生から電話でのご相談や、動画編集など、今までやったことのないものに挑戦しスキルアップができることは
大人になっても大事ですね。ジャムまであと少し!頑張ります!!!