江戸川区 地域密着型 子育て支援サイト

ハギュットについてご協賛・サイト掲載について
ハギュットオフィシャルパートナーのご紹介
HUGYUTTO子育てスペーサ
ヘッダー調整
ホーム  >  専門家の部屋《一覧》  >  専門家の部屋
専門家の部屋

子供を保育園や託児所に預ける時のコツ♪

Aloha!
春一番も吹き、だいぶ日差しが暖かくなって来ましたね。
近所の幼稚園では卒園式も行われていて、4月からの新たなスタートへ向けて、子供も親も、いろいろな気持ちを抱えている時期ではないかと思います。

そんな新年度を迎えるママの不安の1つとして、“子供を預けるのが心配”という話をよく聞きます。
では、どうしたら子供にとっても親にとっても、心配や負担を無くせるのでしょうか?
HUGYUTTO

『うちの子大丈夫かしら?』

お子さんを保育園や託児所、保育ママなどに預ける際に、いくつかのポイントがあります☆

まず、【信じる】ということ♪
何を信じるのかと言いますと、1つはお子さん、もう1つは保育士や先生。ママが不安な気持ちのままでお子さんから離れてしまうと、お子さんは“不安な場所”“不安な人”に預けられる(置いて行かれる)と感じてしまうんですね・・・。

お子さんを預ける状況も場所も、最終的に決めるのは親です。
自分で決めたことなので、そこは思い切って「大丈夫!」と信じましょう♪
子供を預けてから、職場などへ向かいながらも、ママが後ろ髪ひかれるような思いでいては、子供もその淋しさを引きずって過ごすことになってしまいます・・・。
「よし!今日はすっごく楽しい保育園だよ♪」「やさしい先生やお友達と、いっぱい遊んでおいで~!!」と、淋しさ切なさの感情をスパンッと断ち切ってあげるといいですよ♪
HUGYUTTO

『泣いても大丈夫♪』

ママがスッキリした気持ちで預けるとたとえ泣いても、ママの姿が見えなくなってから5~10分くらいでケロッと泣き止みますから♪(笑)
「大丈夫だから、泣かないでね~」と言って行くママ多いんですけど、大好きなママと離れるんですもん、泣いたっていいじゃないですか!?
「ママと離れて淋しいなぁ」と感じることは“悪いこと”ではないですよね?
子供なりに、自分の感情を味わうんです♪
だから、そこは無理に泣き止ませないで「泣いてもいいよ~」でいいです☆
「ママと離れて淋しいな・・・」をちゃんと感じて泣いて、スッキリしたら、心も軽くなって元気に遊べますから♪
HUGYUTTO

『子供の気持ちになってみよう!』

次のポイントは【伝える】ということ♪
預けるお子さんの中には、0歳児の赤ちゃんもいるでしょう。「まだ小さいから、話しても伝わらない」は子供には通用しません。どんなに小さな赤ちゃんでも、ちゃんと“感じる”ことが出来るのです。

よく、朝、保育園に預ける時に「泣かれて困るので、子供が気を逸らせた隙に、そ~っとその場から立ち去るようにしてます」なんて話を聞くことがありますが、逆効果ですよ♪
そうしてしまうことで、子供は「置いていかれた~」「ママに捨てられた~」・・・と(笑)
大げさではなく、そんな感覚になってしまいます。そうなると、泣きも長引くし、毎朝「行きたくない~~」って泣いちゃうんですよね・・・。または、諦めてしまう子もいます・・・。
「どうせ泣いてもママはボク(ワタシ)の気持ちを聞いてくれないんだ」「どうせワタシ(ボク)なんて嫌われてるんだ」とね、心を閉ざしてしまうこともあります。

しっかりと『言葉』で伝えてあげてくださいね♪
「ママはお仕事(何か用事)があって、一緒には行けないの」
「離れるのはママもすごく淋しいけど、ママと○○ちゃんは心が繋がってるから、どこにいても大丈夫なんだよ」
「お仕事終わったら、必ず迎えに来るから、たくさん遊んで待っててね」
「大好きだよ」
「おうちに帰ったら、どんな楽しいことがあったか教えてね」

また、赤ちゃんなど、小さな子は特に、時間がわからないので、ママとしては「2時間だけだからっ♪」と思っていても、何も言われてない子供としては「ママいつ帰って来るのかなぁ」「もう帰って来ないかもしれない」・・・まるでママが来るまでの時間が永遠のように果てしなく遠く感じてしまうんです。
なので、“時間”もちゃんと伝えてください♪
「17時に帰ってくるからね」
「おやつを食べ終わる頃に迎えに行くからね」
「先生と帰りのお歌を歌ったら会えるからね」
子供が正確に“何時間”とわからなくてもいいんですよ!ただ、大体の目安や目的があるのとないのでは大きく違うのと、『ちゃんと帰って来る』がわかってるのとわかってないのでは、不安の大きさが全然違いますから♪

例えば、ご主人が何も言わずに家を出て行って、連絡も取れずに待っているとしますよね。(笑)
「どうしたんだろう?」
「私何か悪いことしたかしら?」
「いつ帰って来るのかな?」
「このまま帰って来なかったらどうしよう?」
「私、捨てられたのぉ~!!??(泣)」
・・・・こんな感覚と一緒です♪

同じ状況でも
「今日、会社の仲間と○○で会うから、帰りは○○時くらいになるよ!」
と、伝えてもらっていると、不安にならなくて済みますよね~☆

大人目線だけの気持ちで考えるのではなく、ぜひお子さんの気持ちになってみて考えてくださいね♪
HUGYUTTO

『“ごめんね”よりも“ありがとう”』

そして最後に、子供を預けることを“申し訳ない”と思うのではなく“ありがとう”と思うことも
大事ですよ☆
「○○ちゃんが、元気に遊んでいてくれるから、ママも元気にお仕事がんばれるわ~☆」
「○○先生が、大切な我が子を、愛情を持って一生懸命見ていてくれるから、安心して仕事に集中できます☆」とかね♪
感謝の気持ちを持って伝えるようにすることで、預ける側も預けられる側も、気持ちよくいられる環境づくりが出来ますから「ありがとう」を忘れずに♪


親にとっても、子供にとっても、新しい体験が待っているワクワクの春♪
親子が笑顔で過ごしていけるよう、信じて伝えて繋がっていましょうね!!
HUGYUTTO
HUGYUTTO
子供を保育園や託児所に預ける時のコツ♪|プロフィール写真
チャイルドセラピスト
Liraさん
ALOHAスピリットで心も体も美しく☆3児のママHULAガール♪
HULA教室、スポーツクラブ、カルチャースクール等でのインストラクターを経て、マタニティフラ・産後フラ・子連れフラの講師としてママHULAサークルを主宰。
チャイルドセラピスト・ベビーマッサージティーチャーの有資格者で、ママ達のメンタルケア・親子の絆を深める方法・寄り添う育児・楽しむお産のアドバイス・パートナーシップの大切さ等々「ママになったからこそ輝いて生きる」方法を提案。
キラキラママを増やそう計画実践中☆親子の愛が世界を救うと本気で信じてます!!
▼ホームページはこちら▼
http://ameblo.jp/liraloha/
HUGYUTTO
HUGYUTTO
HUGYUTTO
専門家の部屋ボトム