江戸川区 地域密着型 子育て支援サイト

ハギュットについてご協賛・サイト掲載について
ハギュットオフィシャルパートナーのご紹介
HUGYUTTO子育てスペーサ
ヘッダー調整
ホーム  >  お仕事レポート「働くパパの姿はかっこいい」株式会社タダノテクノ東日本
お仕事レポート いつかはこんな仕事をやってみたいを育てる 働くパパの姿はかっこいい いつか子供が大きくなって、仕事をする。その時にどんなふうに仕事をしてほしいか…。働く大人として子供たちに何か伝えることができないかハギュットは考えました。8月にクレーン車のイベントにご協力頂いたタダノさん。社員さんの姿を見て仕事に取り組む姿勢に感動したハギュット。普段のお仕事の様子を取材させて頂きました。
株式会社タダノ 板野晋也さん

私たちの整備工場では、クレーン車や高所作業車の整備を行っております。本日もブームの取り付けやトランスミッションの整備を行っていますので是非そこで頑張っているサービススタッフをレポートしてみて下さい。サービススタッフの中には、パパもおりますので、その頼もしい雄姿を取り上げてもらえると嬉しいです。
工場内に入る際には、安全確保のためのヘルメットを着用して頂き、どうぞ工場へご案内致します。

整備工場 整備工場中 青いクレーン車
普段見ることのできないクレーン整備工場の姿 整備工場中 黄色いクレーン車
HUGYUTTO
整備工場 ブーム内の整備中
ブームの移動中 早速、整備工場内での様子を取材です。この時の作業内容は、クレーン車のブームを組立てる作業をしていました。ブームとは、油圧の力で伸び縮みするクレーン車の長いアーム部分のことです。とにかくクレーン車というのは、大きくて重いものです。普通の車に比べて数倍どころか数十倍の重さがあるので、ちょっとした作業ミスでも大きな事故に繋がる可能性もあります。そのため、とにかく慎重に手順を守って作業することが大事みたいです。
HUGYUTTO
クレーン車のブーム全体 そんなインタビューをしている最中、いよいよブームを組み立てる瞬間です。チームプレイで声を掛け合いながら、作業を進めていきます。どうもなかなかうまくいかない様子…。どんな仕事でも予想以上に難しかったり、予定が変更になったり困難はつきもの。そんなときに「どうしたらいいのか」と自分なりに考えて答えを出したものは価値がある。あえてすぐに教えないで見守ることもあるそうです。
お仕事中です! ブームと車の接続
HUGYUTTO
トランスミッションの整備風景 整備工場中
ここでは、トランスミッションを取り外す作業をしています。作業着が油まみれになりながら、一生懸命に作業するサービススタッフの姿は、本当に仕事に向き合っているプロの顔でした。サービススタッフの中にはパパもいるため、タダノテクノでは出来るだけ定時内に作業が終われるよう皆で頑張っているようです。その方がお客様にも喜ばれますし、残業も少なく早く家に帰れます。「やはり家庭もうまくいかないと、いい仕事は出来ないと思っています。」と担当の方はおっしゃっていました。 整備工場中 黄色いクレーン車
HUGYUTTO
高所作業車を体験
クレーン車に乗りました レポートの最後に「高所作業車」に乗せて頂けるといことでハギュットスタッフがドキドキしながらトライしてみました。正直、普通に生活を送っているだけではまず乗れないと考えるととても貴重な体験ができたと思います。 クレーン車操縦中
HUGYUTTO
お仕事Q&A どうしたらクレーン整備士になれますか? クレーンの整備というのは、しっかりとした技術を身に付けて一人前になるには10年位かかると思います。日頃、専門的な勉強をすることも大事ですが、こんなクレーン整備士になりたいというイメージや夢を持つこと、そして機械の整備が好きでいることが大切です。 どんな思いで作業をしていますか? 単純に整備をして不具合を直すだけでなく、お客様の不安を取り除くことが大事だと思っています。特に緊急性が高い不具合対応の時こそ、お客様の望んでいることを理解し、最善の対応が何なのかを考えて工夫しながら動くことで、お客様が少しでも安心出来るようにと思いながら作業しております。
いろいろな工具を用いて作業中
HUGYUTTO
クレーン車に乗る子供たち
ハギュットスタッフが感じた印象 普段は見られない表情や汚れた服…仕事に真摯に取り組む姿が印象的でした。子供が小さいうちは理解してもらいないかもしれませんが、働く年齢になった時にきっと伝わるはず。働く親として子供に伝える仕事の意味。子育ての中でそんな姿を見せることも大切だと感じました。そして、先日のハギュットイベント「働く車クレーン車に乗ろう」では楽しそうにクレーンの説明をする表情や来場者の皆さんへの対応などなど、社員さんの姿にパワーをもらいました♪ただ、なぜここまで気持ちよくやって頂けるんだろうと不思議に思っていたのですが、謎が解けた気がします。「その人が大切にしたいこと」そんなスタッフの皆さんの人柄がにじみ出てくる作業風景だったからだと思います。
HUGYUTTO
お忙しい中、お邪魔させて頂きありがとうございました。
HUGYUTTO