江戸川区 地域密着型 子育て支援サイト

ハギュットについてご協賛・サイト掲載について
ハギュットオフィシャルパートナーのご紹介
HUGYUTTO子育てスペーサ
ヘッダー調整
ホーム  >  専門家の部屋《一覧》  >  専門家の部屋
専門家の部屋

魔の2歳児の正体とは!?

新たなスタートの季節4月も過ぎ、5月に入りました☆
幼稚園や保育園、学校へ通われてるお子さんも、GWを過ぎると、グッと環境に慣れて来ますので、ママ達ももう少しの間、あせらずゆっくり見守りましょうね♪

さて、今回は多くのママ達を悩ませる『魔の2歳児』についてお話したいと思います☆
HUGYUTTO

ママを悩ませる“魔の2歳児”

そもそも、なぜこのように呼ばれているのかと言いますと、子供がちょうど2歳前後になると、【自我が芽生え】自己主張を強く表現するようになり、「あれがヤダ!」「これがヤダ!」と、「ヤダ!」を連発♪別名『イヤイヤ期』とも言われています。
中には、どんな提案をしても「ヤダ」の一点張りの子、ひっくり返って泣く子、その場から動かなくなる子、などなど。なかなかのツワモノもいて、ママを困らせるんですよね~♪(笑)

そこで困ったママ達は、育児書なんかを見て、「成長の証だから」と自分に何度も暗示をかけて(?)、「この時期さえ過ぎれば・・・」とまるで嵐が去るのを待つかのように、この時期が過ぎるのをガマンする人も多いのですよ!心当たりのある方いませんか?(笑)
HUGYUTTO

「魔の2才児」という言葉に惑わされていませんか?

Fotolia_38723139_XS.jpg
私からのアドバイスを先にお伝えしてしまうと、まず「ガマンして待つ」はしなくてイイんですよ♪
“子供の成長”と捉えることは、実は多くのママが出来ているんです。頭ではわかってる。。。だけど、イライラしちゃうし、ツライんですよね。

そこで、ちょっと視点を変えてみましょう!!

「魔の2歳児」という言葉がそもそもあまりよくないように感じています。
子供が“わがまま”を言うようになったからって、悪魔になったわけでも何でもないですよね?そもそも、“わがまま”=“悪いこと”ではありません☆それを、「悪いこと」にしてしまっているのは、大人の一方的な考えに過ぎないと思います。

わがままを言う子供を「悪者扱い」するから親もそれを「イヤ」だと思ってしまうのです。
HUGYUTTO

わがままって何?

わがまま=悪いことではなく、
わがまま=素直、純粋、無邪気・・・なんですね☆
自分の意見を、思ったことを、そのまま表現できるということは、まっすぐで子供らしいのです。

これをもし、子供の頃から、親の顔色をうかがって行動したり、周りの空気を読んで発言していたら・・・どう思いますか?

子供は子供らしくがやっぱりイイですよね♪
ただ!!
大人はそうもいかないんですよね~。大人は思ったことを何でも口に出したり、周りの空気を読まなかったり、なかなか“わがまま”言えなかったりします。
だから!ツライんですよ♪「自分」はガマンしているのに、目の前で言いたい放題・やりたい放題な子供にイライラするんです。

それを自分でどうにもコントロール出来ないので、「魔の2歳児」という【期間】のせいにしたり、【子供】を悪者にして、自分は悪くない。被害者。「助けて~!!」という意識になってしまうのです。
HUGYUTTO

親の意識が変われば子供も変わる♪

時期のせいにしてそれが過ぎるのを待ったり、子供のせいにして子ども自身がどうにか解決するのを待っているのは、いわゆる『他力本願』ですよね?

たとえば、子供が思い通りにならないことがあって「ギャー!!」っとなります。そして、それに対して親も、子供が自分の思い通りにならないので「ギャー!!」となります☆これ、同じことですよね?(笑)

【子供は親の鏡】という言葉を聞いたことがありますか?
子供の行動を責める前に、まずは自分が変わること!なぜ、子供のその行動にイライラしてしまうのか?また、イライラすることでどんなデメリットがあるのか?考えてみると良いです☆

実はコレ、「インナーチャイルドの癒し」になるのですが、自分の中の子供の心に寄り添ってあげることが大切です。

・(外出先で)周りに人がいるのに、こんな大声で泣かれてイヤだったよね・・・
・片しても片しても、グチャグチャにされてイヤになっちゃうよね・・・
・せっかく作ったご飯を、食べずにひっくり返されてイヤだったよね・・・
などなど、
自分の「イヤ」に寄り添う言葉を、自分自身に掛けてあげるんです♪
実際に声に出しても、イメージの中でも、紙に書き出したりしてもイイですよ☆

そしてその「イヤ」を感じて、
・よく頑張ってるもんね・・・
・毎日毎日、エライよね・・・
・本当は子供のこと大好きなんだよね・・・
と続けます。

そして最後に、
・だけど、あなたがいつもイライラしてたら、家の中が暗くなっちゃうよね・・・
・あなた感情的に怒ったら、子供も感情的に怒る子になっちゃうよね・・・
・そんなのイヤだよね・・・
・じゃあ、あなたから止めようか!☆
こんなふうに、感情的に「自分」が怒ってしまうことのデメリットを自分が自分に言って理解する☆


これでOKです♪

親がいちいち感情的にならずに、ちょっと子供のわがままを見守る余裕があると、子供のわがままもヒートアップしませんよね?
そして、自分の意見を受け入れてもらえたり、大人が子供の「ヤダ」に「そうだよね、“イヤ”なんだよね~」とちょっとゆるむと、子供も感情を出し切ったら収まります。
HUGYUTTO

心がつながれば「悪魔ちゃん」が「天使ちゃん」に♪

子供の「イヤ」という感情が外に出て、少し落ち着いた頃、自分の中の子供(インナーチャイルド)に言い聞かせたように、子供にも『「ギャー!!」って言うより「○○したい」って言葉で言ってくれると、ママあなたの気持ちがわかるし、嬉しいよ♪できるかな?』なんてお話していくとイイですね♪
子供もそこで、少しずつ学んでいきますから☆
しかも親を見て・・・♪

大人ですら、自分の気持ちを人に伝えるって難しいじゃないですか?
まだ生まれて2年前後の子供達に、大人と同じ課題を押し付けなくてもいいですよね?
子供が出来ていないことは、実は親が出来ていないことだったりするんです♪
だから、「ママも素直に気持ち、伝えられるようにがんばるから、一緒に成長しようね♪」
くらいのスタンスで☆

つまり【魔の2歳児】はママが自分の中の“魔の2歳児”に向き合う大事な時☆
魔の2歳児の正体は・・・ママの中のインナーチャイルドです♪ママが自分に寄り添い素直になれば、悪魔ちゃんに思えた子供も、やっぱりカワイイ天使ちゃんになりますよ♪

多くのママが、何かのせいにするのではなく、自分に向き合い、心と心でお子さんと繋がって行けますように☆


頑張るママに笑顔を・・・子供達の未来にALOHA(愛)を・・・・

Hugyuttoさんで開催されている「子育てママの座談会」では
Liraに直接質問できるチャンスなので、ぜひ詳しく知りたい方、コラムに取り上げて欲しい悩みがある方など、こちらをご活用くださいね♪ご参加お待ちしてます☆

Mahalo
HUGYUTTO
HUGYUTTO
魔の2歳児の正体とは!?|プロフィール写真
チャイルドセラピスト
Liraさん
ALOHAスピリットで心も体も美しく☆3児のママHULAガール♪
HULA教室、スポーツクラブ、カルチャースクール等でのインストラクターを経て、マタニティフラ・産後フラ・子連れフラの講師としてママHULAサークルを主宰。
チャイルドセラピスト・ベビーマッサージティーチャーの有資格者で、ママ達のメンタルケア・親子の絆を深める方法・寄り添う育児・楽しむお産のアドバイス・パートナーシップの大切さ等々「ママになったからこそ輝いて生きる」方法を提案。
キラキラママを増やそう計画実践中☆親子の愛が世界を救うと本気で信じてます!!
▼ホームページはこちら▼
http://ameblo.jp/liraloha/
HUGYUTTO
HUGYUTTO
HUGYUTTO
専門家の部屋ボトム